内科, 消化器科,漢方
三川内科医院
〒030-0912 青森県青森市八重田2丁目1-6
TEL:017-736-8191
FAX:
017-737-1030

内視鏡検査のご案内

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)、苦しくない胃内視鏡検査(胃カメラ)、経鼻内視鏡も行っています。

胃カメラ
胃カメラ

NBINarrow Band Imaging=狭帯域光観察)について

消化器のがんは早く見つかれば大きな手術をせずに内視鏡で取り除ける可能性が高くなります。

初期のがんは自覚症状がほとんどありません。

当院の内視鏡では、早期がんなどの発見に有用な画像強調観察技術“NBINarrow Band Imaging=狭帯域光観察)を備えており、

がんの早期発見につとめております。

上部消化管内視鏡(胃カメラ)

オリンパス社のGIF-XP290Nを使用しています。

先端部外径が5.4mmで口からだけではなく患者様への負担の少ない経鼻挿入が可能な極細径スコープです。
以下のような特徴があります。

1.苦痛が少ない。
2.吐き気が起きにくい。
3.会話ができる。

上部消化管は内視鏡検査が最も頻繁に行われる部位で、食道、胃、十二指腸が対象となります。
検査は口または鼻から内視鏡を入れていくため、その経路上、いずれの検査も併せて行われることが多いようです。
検査の過程で、食道、胃、十二指腸それぞれの観察できる主な病変を示します。

食道:食道がん、逆流性食道炎、ポリープ、食道静脈瘤など
胃:胃がん、胃炎、胃潰瘍、ポリープなど
十二指腸:十二指腸がん、十二指腸潰瘍、ポリープなど

下部消化管内視鏡(大腸カメラ)

オリンパス社のCF-H290Iを使用しています。 

曲がりくねった大腸の深部に内視鏡を挿入するには、一定の挿入技術を必要とされます。
スコープが腸壁に当たると自然に曲がっていく機能(受動弯曲)や挿入部の堅さを変化できる(硬度可変機能)を搭載し、
より苦痛が少なく挿入する事ができます。
また小さな病変を発見するために「ハイビジョン技術」「拡大機能」「NBI」が導入されております。
かつては日本人に少なかった大腸がんですが、食生活の欧米化などにより、近年罹患数が増加しております。
その他にも、大腸憩室に伴う憩室炎、憩室出血や虚血性大腸炎、大腸ポリープなど様々な疾患を診断するに有用です。

初診受付サービス

クリニック案内

医院名
医療法人清和会 三川内科医院
院長
渡邉 智子
住所
〒030-0912
青森県青森市八重田2丁目1-6
電話番号
017-736-8191
FAX番号
017-737-1030